スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一話 出会いは始まりの街-前編-

勢いに任せるのもいいものだ。


振り返ることもなく目的地に着いた。


-サウスペリ-


えと、確か・・・モニカさんって人に話すんだったよな。

アムホストを出るときのことを思い出しながら、町を練り歩く。


000001-2.jpg



クリス「こんにちわ」

モニカ「こんにちわ、サウスペリへようこそ・・・あなたもビクトリアアイランドへ?」

クリス「なぜわかったんです?」

モニカ「ここに来る人はみなそうだからね」

クリス「なるほど・・えと、モニカさんでしょうか?」

モニカ「そうよ。あなたの名前は?」

クリス「クリスレイっていいます」

モニカ「クリスレイ・・・あぁ、お兄さんから話を聞いています。分からないことばかりだろうから、力になってあげてくださいと」

クリス「そうですか・・ならちょっと聞きたいことが」

・・・
・・・・

モニカ「ということだから、心配しなくてもいいわよ」

クリス「わかりました、いろいろとありがとうございます」

モニカ「あ、これを渡さなきゃ」

クリス「・・・?」

渡されたのは小さな、通信端末だった。

モニカ「これで登録した人はどこにいても連絡取れるから、きっと役に立つわよ」

クリス「それは凄いですね。本当にありがとうございます」

モニカ「ばいばい」


ビクトリアアイランドに行くためには、ここで資金を貯める必要があるらしい。


少し歩くと、木々に囲まれた道を見つけた。

そこを抜けた先にはモンスターと戦う人たちが。


000002.jpg


テル「あら・・珍しいわね。こんな時代に旅に出ようとしている人がまだいたのね」

月影「俺たちもそうだろ・・?」

クリス「えと、こんにちわ」

テル「こんにちわ」

月影「君も資金を集めに?」

クリス「そうですね、ビクトリアアイランドへ行きたいんです」

テル「・・・二人より、三人よね」

クリス「え?」

月影「うん?」

テル「あなた仲間になってあげる」

クリス「仲間?」

テル「そう、いわゆるお友達ってやつ」

月影「相変わらず強引だな・・」

クリス「・・・いえ、これから一人でいくよりはきっと楽しいでしょうから」

テル「よし、決まり!・・ってあなた名前なんていうの?」

クリス「えと・・」

・・・
・・・

テル「これでOK-。よろしくね。クリス」

月影「よろしく、クリス君」

クリス「よろしくお願いします」


端末に登録された二人の名前。

少しだけ心強くなれた気がした。





後編へ続く。
スポンサーサイト

PageTop

かもの水面下

オンラインゲームのオフラインな部分に着目。
クリスxレイ ( )
Finetoday

プロフィール

o叱咤激励o

Author:o叱咤激励o
桜 サーバー

メインキャラ
クリスxレイ   Lv.49 インファイター

(12/14よりメイン)

サブキャラ
o叱咤激励o  Lv.128 シャドー

(12/14よりサブ)

サブキャラ
atレイta    Lv.78 ドラゴンナイト

最新記事

きまぐれBGM

おくろっく

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。