FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引退について考えてみた

誰もが一度は考えたことがあるでしょう。



引退について。



しかしそもそも、引退っていう表現は合っているのだろうか?


まぁプロ野球や、スポーツにも引退ってのはあるのだけれど。

それは体力的にやら精神的にやら、待遇やら。
本人にしかわからないものがあってそうなるのでしょうね。


でもゲームを引退っていうことは。

ゲームをしているという身分から離れるということですか・・


オフラインゲームでは引退って言葉は聞いたことないのに、なぜオンラインゲームだけに当てはまるものなんでしょうね?

やっぱそこには別世界があって、自分の行動や出会ったプレイヤーとの言動やらで世界が変わって行くところだからだろうか。
インしなくても、周りがどんどん変化していくからだろうか。

オフラインゲームをやる身分なんてとりあえずそのゲームとゲーム機があれば
十分その資格を得られますよね。

メイプルも動作可能なPC、ID取得ととインストールさえすれば出来ますよね。


ってことは、


メイプルをアンインストール及びIDの削除。


これをしたなら、そのキャラのプレイヤーとしての身分を完全に失って、『引退した』と言えるのでしょうね?


まぁ引退っていう考えが、そもそもひとそれぞれなので

一ヶ月程度ほどで戻ってきても、そんなに責めるもんじゃないと思うんですよね。


オフラインゲームでも、そのゲームを売ったとしてもまた買ってしまうことってあると思うんです。

あ、これ久しぶりにやろうかなって。


でもオンラインゲームに限っては、色々パッチやら仕様が変わっているので前の気分では出来ない可能性が高い。

だから復活するのを躊躇う人も多いはず。


え、こんなのメイプルじゃない・・みたいな。


それでも戻ってくる人って凄いですよね。
軽いのか、はたまた重いのか。

メイプルのゲームを楽しみたいから戻ってくるのか
そこにいるプレイヤーとの交流を楽しみたいからなのか。



そこも人それぞれ。


でもまぁ、今のメイプルっていうか自分みたいな四次キャラがいたりする人は。


育てて、しゃべって、協力して、冒険する!


っていうのが出来ない気がしてるんですよね・・・。

そこを打破せねばってのは思ってるんですが、なかなか難しい。


冒険したら、横に出会う。


新たなこうシステムというか、ギルドで出来る事をもっと増やせればなぁって思ったりするんです。
今のままじゃなんていうかクラスの仲良し班的な感じが、否めない。

ギルクエってあるんだけどね、あれ三回ぐらいで飽きるんだが・・

MAPを増やしたり、MC的な感じで二つのギルドをエントリーして、キャラのレベルに合った敵の討伐数を競ったり、勝ち抜き戦というのも面白そうです。



ギルドポイントってのがあるんですが、あれってとりあえず毎日やってればおkみたいなもんでしょ?
っていう印象があります・・・ね。


新たなシステムの増強を

お願いしますNEXON。

スポンサーサイト

挨拶って大事。PageTop成功と失敗の果て(127レベル)

Comment

4次したらトウキョウは冒険できると思うよ!
あれは協力して冒険しないとクリアできない・・・
一度いってみては!?
仲間5人ほど連れて行くことをお勧めする(´・ω・`)

確かにギルドでできることって少ないね~
ギルクエってギルド対抗試合ってなってるけど実際は1つのギルドで同じマップを繰り返しやるだけだしね('A`)
まあ韓国版をみるかぎり増えてなさそうなので当分新ギルクエとやらはでそうにないですな(ノ_・。)

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://meiporei.blog90.fc2.com/tb.php/65-f3b7c0c4

かもの水面下

オンラインゲームのオフラインな部分に着目。
クリスxレイ ( )
Finetoday

プロフィール

o叱咤激励o

Author:o叱咤激励o
桜 サーバー

メインキャラ
クリスxレイ   Lv.49 インファイター

(12/14よりメイン)

サブキャラ
o叱咤激励o  Lv.128 シャドー

(12/14よりサブ)

サブキャラ
atレイta    Lv.78 ドラゴンナイト

最新記事

きまぐれBGM

おくろっく

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。